AWS を初めて学ぶ人のための学習サイトです。実用的なコード例、使用例でわかりやすく解説しています。
AWS 入門AWS 入門
AWS の基本
AWS のサービス
さらに学ぶ
サイト情報
ホーム > AWS の機能 > Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)

スポンサーリンク

ここではアマゾン・リレーショナル・データベース・サービス (Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)) について解説します。

Google の Google App Engine (BigTable) などが、非リレーショナルデータベース (NoSQL) サービスであるのに対してアマゾン RDS はクラウド型リレーショナルデータベースサービスです。

RDBMS のクラウドサービスを利用したい場合はかなり強力な選択肢になることでしょう。

Amazon RDS コマンドラインツールキット Amazon RDS コマンドラインツールキット
DB インスタンスの作成、削除などを含み Amazon RDS の各種設定を行うためには、 Amazon RDS コマンドラインツールキットを利用すると便利です。ここではその入手方法と設定方法を説明します。
DB インスタンスの作成
環境、ツールの設定が終わればいよいよ Amazon RDS を利用できます。まず DB インスタンスを作成することからはじめます。現在 (2011年3月)、利用できるデータベースエンジンは MySQL のみですが、 このコマンドで MySQL のインスタンスを作成できます。
DB インスタンスの削除
DBインスタンスが不要になったら削除します。 Amazon RDS の DB インスタンスを削除するには、rds-delete-db-instance コマンドを実行します。 ここではコマンドの実行例を示します。 またスナップショットの取得有無についても簡単に説明します。

スポンサーリンク
ホーム > AWS の機能 > Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)
小山圭介 著者
小山 圭介
4/15/1973生
米国在住のソフトウェアエンジニア。ITコンサルタント
»プロフィール
スポンサーリンク

© 2011 AWS 入門